大阪遊び場情報
遊び〜ば〜大阪

水道記念館

水道記念館口コミ情報!水道記念館は水道の歴史とくらし、淀川水系の自然や生態系について学べる施設です。見どころは周囲をぐるりと見渡すことが出来る水中トンネル。実際に淀川で採集されてきた魚をまじかで見ることが出来ます。
 


遊び〜ば〜大阪大阪の記念館>水道記念館

水道記念館 Guide!

トイレ有り 障害者可 駐車場有り 授乳室あり 雨の日でも可能 予算 =無料!

大阪水道記念館のイベントや展示など口コミ評判

水道記念館の口コミ評判 水道記念館は大正時代の上水道のポンプ場を改造して作りかえて、1995年に記念館として一般公開されました。

水道記念館は水道の歴史とくらし、淀川水系の自然や生態系について学べる施設で、大きく分けて水道の歴史を知るコーナーと琵琶湖・淀川水系の魚と自然を楽しく学べるミニ水族館コーナーの2つのゾーンに分かれています。

館内にはレストランなどのランチやカフェが出来る飲食施設はありませんが、敷地内にある広場ではお弁当を食べることが出来れます。また、雨の日も会議室を解放してくれるのでそこでお弁当が食べられます。

水道記念館は雨の日でも遊べる施設なんです。

現在はリニューアル工事中のため休館となっています。再開時期についてはページ下部の公式サイトよりご確認ください。





水道記念館のパノラマ水槽 大阪水道記念館では、淀川にある約30ヶ所のワンドに生息している代表的な淡水魚や小動物をパノラマ水槽に沢山集めてあります。

淡水魚だけとは言え立派なパノラマ水槽で、水槽のアーチの中を歩いて通れるようになっています!



水道記念館の巨大水槽水道記念館は記念館なのに水族館顔負けの巨大水槽があって驚きです。ノンビリと泳ぐ魚や生き物たちを見ているととても癒されますよ。


飼育されている生物はあくまで琵琶湖と淀川水系の生物に限られていますが、魚はもちろん無脊椎動物や水草などを含め約130種もの生物を観察する事が出来るので、淡水魚水族館としては十分楽しめます。



水道記念館の展示されている魚水道記念館には国内希少野生動植物種・天然記念物に指定されている淀川のワンドに生息する「イタセンパラ」「アユモドキ」などの珍しい淡水魚が飼育されています。

普段は殆ど見ることが出来ないので貴重です。



水道記念館の館内 水道記念館の「水道の歴史とくらし」のゾーンでは、「江戸時代のくらしと水」をテーマにした様々な展示がされています。

左の写真は江戸時代の水の売り歩きの様子です。

水道記念館では、このような展示以外にも、水道管の水圧体験や、活性炭に関する体験ゲームなど、遊びながら浄水処理の原理が学べるようになっています。



水道記念館のアトラクション こちらは水道記念館では一番人気のゲーム、オソンレンジャーの画面です!

オゾンがばい菌をやっつけるのをたすけるゲームで、スクリーンに自分の姿も映し出されていて、体を動かして画面上の自分を動かしてばい菌をやっつけます。

ばい菌退治に失敗すると大阪が真っ黒になってしまい結構笑えます。ゲームの合間に、オゾンの話や浄化装置の話などが聞けるので遊びながら学べます。

このように楽しい展示や水族館があるのに入館料は無料なので、大阪水道記念館は家族で是非お出かけしてほしい遊びスポットです。
 
イベントによっては、事前に予約が必要な場合があります。
内容等が変更されている場合がありますので、詳しい情報は直接お問い合わせください。
 



水道記念館 Yo Check!

水道記念館の入館料や開館時間・アクセスと駐車場

所在地

大阪府大阪市東淀川区柴島1−3−1(地図
電話 06−6324−3191

アクセス

地下鉄御堂筋線西中島南方駅A出口、阪急京都線南方駅から南東へ徒歩約5分
車なら、新御堂筋西中島南駅前交差点から淀川通りを東へ約800m
料金 無料
営業時間 9:30〜16:45(券買は16:00まで)
定休日 月曜日(祝祭日の場合は翌日)

駐車場

無料 25台
公式HP 大阪市水道局




遊び〜ば〜大阪大阪の記念館>水道記念館



               はてなブックマークに追加
 
 
 
 
 
 遊び〜ば〜大阪大阪の記念館>水道記念館