大阪遊び場情報遊び〜ば〜大阪

大阪市環境局舞洲工場

大阪市環境局舞洲工場口コミ情報!大阪市環境局舞洲工場を写真付きで詳しく紹介します!大阪市環境局舞洲工場は、イメージキャラクター ポム君が、ごみ焼却過程を案内してくれます。環境保護建築で有名なオーストリア芸術家のデザインで、そのユニークな外観を見ようと見学者が多く訪れています。環境事業局舞洲工場は楽しみながら、ごみ焼却やリサイクルについて学べる施設です。
 


遊び〜ば〜大阪遊んで学べる施設>大阪市環境局舞洲工場

大阪市環境局舞洲工場

トイレ有り 障害者可 自動販売機有り 駐車場有り 授乳室あり 雨の日でも可能 予算 =無料!

環境事業局舞洲工場

大阪市環境局舞洲工場の外観 私たちが毎日出しているゴミがどのように処理されているかを楽しく学べる施設が環境事業局舞洲工場です。

環境事業局舞洲工場のデザインは、建物が地域に根ざして、エコロジー・技術と芸術との融和のシンボルとなるようにデザインされています。

大阪市環境局舞洲工場の総工費は610億円、デザイン料6000万円で、大阪市環境局舞洲工場で使う電力は全て自前で発電し、余った電力は大阪電力に売却しています。





集められたゴミは炉の中で約900度の高温で燃やされています。ゴミピットで発生した臭気はゴミを燃やす燃焼用空気として使うなど臭いが外に出ることなく適正に処理されている様子を見学できます。


排ガスは塵を取りのぞき、約230度まで加熱することによって水分を減らしてから放出しているそうで、焼却工場の煙突からは煙も見えません。発生した汚水もきれいにしてから放流していて環境に対して細心の注意をはらっています。



大阪市環境局舞洲工場のごみ処理施設 大阪市環境局舞洲工場では焼却工場でゴミを燃やしたときに出る熱で蒸気を作って、発電や暖房を動かし、温水プールなどにも利用しています。

大阪市環境局舞洲工場ではゴミの焼却の際に出る熱で蒸気を起こし、タービンを回すことによって発電を行なっています。

ここで作られた電気は工場の運転を行うのに使用しているだけでなく、あまった電力を電力会社へ売却することによって、年間で約6億円もの金額が市の収入になっているそうです。(平成19年度実績)



大阪市環境局舞洲工場の見学 阪神高速の湾岸線を走っていると建物が一際目立っていますが、大阪市環境局舞洲工場はデザインの秀逸さからか、年間16,000人が施設の見学に訪れています。

外観はオーストリアの芸術家、フンデルト・ヴァッサ−氏(Hundert Wasser)のデザインです。



大阪市環境局舞洲工場の見学ツアー大阪市環境局舞洲工場では、ゴミ処理のようすを見学できるほか、映像やパネルなどの展示があり、環境について楽しく学べるようになっています。



大阪市環境局舞洲工場の展示物UFOキャッチャーで遊びながらごみの分別が学べる「ガレキの谷」や日本語と英語による巨大な説明本など面白いアトラクションなどがありゴミや環境について遊びながら学べるようになっています。

大阪市環境局舞洲工場の工場見学コースは廻るのに約1時間程度で、ガイドの方が丁寧に説明をしてくれます。


大阪市環境局舞洲工場の見学は事前の予約が必要です。大阪市環境局施設部施設管理担当又は大阪市環境局舞洲工場へ電話で連絡して見学依頼書を郵送またはFAXで送付しましょう。見学希望日の10日前までには予約が必要です。

事前に申し込みせず直接工場に行っても見学はできないので注意しましょう。


イベントによっては、事前に予約が必要な場合があります。
内容等が変更されている場合がありますので、詳しい情報は直接お問い合わせください。
 



大阪市環境局舞洲工場 Yo Check!
大阪市環境局舞洲工場の料金や見学日・アクセスと駐車場

所在地

大阪市此花区北港白津1−2−48(地図
電話 06−6630−3353 大阪市環境局施設部施設管理担当

アクセス

JRゆめ咲線「桜島」駅下車、北港観光バス(舞洲アクティブバス)「環境局前」すぐ。
見学料金 無料
営業時間 10:00〜 13:00〜 15:00〜
各々1時間から1時間30分程度
見学日 月曜日〜土曜日(祝祭日を除く)

駐車場

有り 無料
公式HP 大阪市環境局舞洲工場




遊び〜ば〜大阪遊んで学べる施設>大阪市環境局舞洲工場



                  はてなブックマークに追加
 
 
 
 
 遊び〜ば〜大阪遊んで学べる施設>大阪市環境局舞洲工場